夏は夜。今年も薪能で京都の夏は幕開けです。場所は勿論、平安神宮。但し晴れの日限定で、雨の場合はロームシアター京都に替わります。第一日目は金剛流「橋弁慶」、観世流の「烏帽子折(えぼしおり)」と「船弁慶」。二日目は、観世流「鞍馬天狗」金剛流「祇王」と観世流「正尊(しょうぞん)」。義経つながりの演目で組み立てられており、狂言方の皆様のナビゲーターもあり、大いに楽しめました。
「能の世界へおこしやす」と銘うって当日午後、京都薪能観賞の為の入場料無料の45分程度の公開講座もロームシアターで開かれました。
能楽堂に入るのは、ちょっと敷居が高くて・・・と思われる方も、野外の演能なら気を張る事もあまりないので、是非この機会に会場に行かれては如何でしょう。


薪能を拝見する度に、能が生まれた頃の事を想像します。この現代では夜の闇を感じる事は稀になりました。けれども、その頃は、やはり、夜の闇に対する恐れは日常であったと思います。
狂言でも、主人から、夜のお使いを命令された太郎冠者が、何とか逃れようと知恵を絞る演目も多く、その時代がよく理解出来ます。
能に至っては、主人公はほぼ亡霊や、幽霊なので、薪能の舞台の後方に拡がる夜の闇はより効果的でしょう。又、薪の炎に揺れる光と影にシテの面や、豪華な衣装が映えて美しいと思います。
終了して、夜の二条通を、一人西に向かって帰路につきました。
丁度、二条大橋を渡りきったところで、ご夫婦らしきお二人の「飛んでるね。」「ほら、あの水面近く。」という会話が聞こえます。
鴨川に平行した「みそそぎ川」の橋の上からも微かな光を放ちながら数匹の蛍が飛びかっているのが見えました。やはり、夏は夜ですね。
10日あまりの後に拝見した「善知鳥」のお能も良かったです。満席でした。


6月の半ば頃に、このページを載せようと思っている内に、どんどんと多忙な日々となり果たせぬまま、昨日のお能の会の帰り道の護王神社には、早や夏越しの祓いの茅の輪が・・・・。
亥の歳の私には素通り出来ず、半年の無事の感謝を申し上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開かれました。

広告