京都市内の桜が開花してほぼ1週間、もうはや花吹雪です。写真は3月28日に撮影したものです。
公休日とは言えど、幾つかの用事を済ませたのが漸くお昼もかなりまわった3時。
先ずは、高瀬川に沿って木屋町通りを北へ、三条から一筋南の大黒町橋辺り。そして御池通りを突っ切って一の舟入り。


ほぼ毎日のように普通に歩いている木屋町通りですが、桜の頃は格別です。
木屋町通りの二条の突き当たりから右に折れてすぐの二条大橋。此方は勿論鴨川の様子です。
岡崎迄出ると疎水には船が・・・。ロームシアター京都からみやこめっせと上って行きます。


此処まで来たら、やはり気になります。そうなのです。毎年必ず、そっと訪れる通りです。
商店街の女性グループのメンバーの一人に連れられて初めて、桜の季節に此処を訪れた時の感動は忘れられません。今、その方は少し体調を崩されてのち、この通りからほど近いご自宅を離れ、療養生活を送っていらっしゃいます。この前、友人とお見舞いに寄せていただいた折の、次回はお茶碗と茶筅持参で、季節のお菓子とお抹茶を楽しみましょうとの約束を実行に移す日も間近になったようです。
毎年、同じように咲いてくれる桜ですが、眺めるこちらの色々な思いは、一年、又一年と大きく変化してまいります。そんな思いの何もかもをも包み込んで、今年も桜は咲いてくれているように、私には感じられます。

広告