7月に入りました。もう今年も半年が過ぎたのかと改めて知る事となります。
京都祇園・八坂神社の祇園祭も昨日の朔日から始まりました。今朝の朝刊で長刀鉾町のお稚児さんのお千度が無事に済まはったのやなあと思いながら拝見したところです。

DSCN4105

河原町商店街のアーケード下にも提灯が吊り下げられました。
1日の吉符入りから始まりほぼ毎日の様に行事が行われ、祇園祭りのハイライトの一つである前祭の山鉾巡行の17日頃に京都の梅雨が明けます。京都盆地の真ん中の氏子の町は、蒸し暑い中にも熱気を孕んだワクワク感がみなぎり、後祭の山鉾巡行の24日へと続きます。29日の宮本組の神事済報告祭で終了です。

DSCN4109

10日の早朝、宮川である鴨川からの神用水の汲み上げや清祓式、神輿洗式等の宮川の水や大松明の火、又17日夜の四条御旅所への神幸祭の神輿渡御など、24日の還幸祭の深夜の八坂神社の暗闇など、繁華街であるにも拘わらず、本来の意味が連綿と伝えられていることに驚きます。
どうぞ今年も無事にと願います。

広告