梅のいざない

大忙しの節分の翌日、ほっこりの日。二階の額を会長が入れ替えました。紅白のそして桃色の梅。
滋賀在住の方。絹本に描かれているからなのか、何とも柔らかな印象を受ける。

DSCN3666.JPG

数日後丁度、烏丸丸太町の近くに届け物があり、そのついでに御所の梅の開花状況の偵察に行こうと決める。早々と用事を済ませて間之町口から御所に入る。梅林を目指して砂利道を進む。出水の小川の辺りには早咲きの梅が既に紅白ともに咲き始めて、連翹も花開き早春の風に揺れている。
間もなく私の、梅は紅白という思い込み、勘違いに気付く。
梅園に来てみると桃色の梅も結構多いのだ。むしろ紅い梅よりも多いように思える。
今こうして咲いてくれている花たちは、我々が寒い寒いとその存在さえも忘れてしまっている間もエネルギーを蓄えて準備をしていたのだ。

さあ、愈々春。元気を貰ったひとときに感謝。

DSCN3665.JPGDSCN3663.JPG