ちいさい秋

この秋の前半、気の張る事の幾つかが無事に終わり急に思い立って東山へ。
10 : 45河原町通を南に向かって四条の手前の「永楽屋」さんの前を過ぎて直ぐ左折。そのまま四条通を真っ直ぐ八坂神社に向かう。観光の皆さんでごった返す四条大橋を渡る。
「三条大橋にはある擬宝珠が何でかな、この橋にはないのかあ。あれあれ、団栗もそのもう一つ下の松原橋も無いね。五条大橋はさすがにあったよね。多分。今度見に行こう。」

今年の顔見世は先斗町の歌舞練場に変更になった南座の前を通り過ぎる。大和大路であらまあ橋の欄干が出現!それに件の擬宝珠まで付いて!とびっくり。不思議な欄干を左手に眺めながら誰が?いつ?と?続出。

%e5%a4%a7%e5%92%8c%e5%a4%a7%e8%b7%af%e3%81%ae%e6%ac%84%e5%b9%b2%ef%bc%9f

気を取り直して八坂神社へ。11 : 00、石段を上って拝殿から円山公園へ。枝垂れ桜を左に通り過ぎて間もなく池に。小さな橋を渡ってどんどん東へ山懐に入って行く。車道に出ると眼の前に美しく紅葉した景色が広がる。そのまま道なりに辨天さんの前を挨拶して通り過ぎ鐘つき堂へ。11 : 20、一心院さんの境内を通らせて貰うて北側の長い階段から知恩院さんへ。ぐるりと東へ道を取って元来た円山公園へ。長楽館を過ぎてねねの道へ。

知恩院・鐘.jpg

高台寺から二年坂を上り切り、左方向への三年坂には行かずに、反対方向の右に向かって八坂の塔の通りを下る。「文の助茶屋」さんの前を過ぎてすぐの角を右に折れて、高台寺の一本西の通りへ出る。そのまま真っ直ぐ八坂神社の南門、石の鳥居へ。四条通りを西へ歩いて四条河原町迄。無事に戻ってまいりました。お昼ご飯を「ひさご寿し」でと思われるようでしたら、11月一杯の限定での「煮穴子ばってら」はいかがでしょうか?お待ちいたしております。

<所用時間約2時間>

広告