ひさご女将の徒然日記

ひさご寿し 宇治田惠子

ひさご寿しについて

ひさご寿しは、昭和25年より京都・四条河原町で暖簾をかけさせていただいております。
今日、多くのものが機械化されていく時代の中で、全てに昔ながらの手法で、一つひとつにぎり、巻き、抜いて作っております。心の通った手造りのぬくもりを味わっていただくため、時にはお待たせすることもあるかと存じますが、どうかご容赦下さい。

河原町通りの歩道から硝子越しに見える板場では、注文したお寿司が仕上がる様子を眺めることが出来ます。注意深くご覧いただくと、板場の前に積まれたヌキ板(透明アクリル製の棚板)に巻寿司、箱寿司等が出番を待っているのが分かります。
間口が狭いので判りにくいですが、持ち帰りだけでなく食堂でお召し上がりしていただく事も出来ます。食堂は一階(4卓全席禁煙)、二階(7卓分煙)となっております。
一階奥の小さな窓からは、お隣の日新河原町ビルのお庭を額庭としてご覧下さいませ。四条河原町では貴重な季節感をお裾分けしていただいております。
お寿司の出前配達も行なっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

河原町本店の他に、JR京都伊勢丹店と高島屋京都店の地下売場に店舗を設けております。
デパートにお買い物の際は是非ひさご寿しにお立ち寄りください。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。